042-557-8591 10:30〜17:30(最終入場 17:00)
定休日:年中無休(ザ・モール みずほ16休館日を除く)

お問い合わせ

ブログblog

ブログ

【ブログ】インクルーシブ化プロジェクト④脱力できない私

みなさん、こんにちは!
Miss Mizuki こと みすきコーチです(^^)/

私は、近くのスポーツジムに通い始めて2年半ほどになります。
ジムではパーソナルトレーナについていただき、トレーニングをしています。
ジムに通いだした理由は、よくあること
●年齢とともに体力・筋力が明白に落ちていった。。。老いを感じる。。。
●すぐに疲れて、仕事がはかどらない。。。何しろ重いもの(遊具とかパーテーションとか)が持てない。。
●夜11時には寝ないと次の日1日活動ができない。。。アクティブに活動できるのが6時間くらいに。。。あー。。。
●鏡で見る自分の後ろ姿に愕然とした。。。完全に重力に負けてる。。。。だらしない。。。

で、通い始めたら、心身ともに自分の変化を感じ、今のところ楽しみながらストイックに続けています!

少し前置きが長くなりましたがー。
先日のパーソナルトレーニングでトレーナーに言われました。。。
「脱力ができないですね。。。」
「えっ?!私脱力してるんですけど。」手足をブラブラ。身体をゆさゆさ。
「全然できてないですよ。力入ってます。」
「えー!?えー!?」

これ、以前のブログで紹介した感覚統合のお話
→ 新五感と感覚統合のブログをコチラ

これは、固有覚を発達段階をどこかで飛ばしてしまったのかも。

感覚統合の階段→

誰にでもある小さな障害

トレーナーさんに聞いたら、みんな誰でも1つや2つ、目に見えない、自分でも気づかない、
社会に出ても表面化しない障害を持っているのだそう。

「大人になっても改善できるんですか?」の質問に、
「基本的には以前の発達段階まで戻って、もう1度階段を1段ずつ登りなおすのが有効」との話。
でも、大人になってからそれは、難しい。。。。
そしたら、「とにかく練習してボディイメージをつかむこと。脱力できたときにこれが脱力なんだと
身体と脳に意識させることが良い」と教えてくれました。
それから、毎日私は「脱力」にチャレンジしていますー。手足をブラブラ。。

なにかする時は、いつも身体に肩に力が入ってしまう。。。。
脱力ができないと、身体に力を入れるのも上手にできていないんですって。私の固有覚が。。。。

その話を聞き、こどもの頃の記憶が線でつながった気がしました。
私はスポーツが割と得意で、中高と6年続けた軟式テニス部では、全国で2位になったり、
海外遠征もしたり、結構優秀だったんですよ(笑)
でもあと一歩足りない。。顧問の先生にいつも言われていました。
「膝を柔らかく!身体を柔らかく動かせー!」と。。
でも、それが良く分からず、自分ではやっているつもり。でもずっと言われ続けていただんです。
結局、この難題は私にはクリアできませんでした。。

で、今、新五感や感覚統合の勉強をし、「そういうことだったんだ」と腑に落ちている今日この頃。

みなさんもそういう思い出ありませんか?

「新五感」「感覚統合」って大切

今回は固有覚に注目

ではボディイメージをつかむ、身体を思い通りに使えるようになるにはこどもの頃にどうしたらよい?

身体全体を使う遊びが重要!

ケンケンパ。

大型アスレッチック。感覚統合がされていないと、よく転びます。

バランスディスクに乗りながらボール運動。これは前庭覚にも有効

一本の線を歩く身体のイメージを

鬼ごっこのような遊び

アネビートリームパーク来たら、こんなにたくさん新五感を刺激し、
感覚統合を養うアクティビティをたくさん体験することができるんです!
〇十年前の私の小さい頃にもこんな遊び場があったら。。。。( ノД`)

でも私も、大人?!(おばさん?)になってもこども達に負けず、遊びこんでみようかなと思います(^^)/
アネビートリームパークの遊具は、大人も遊べる遊具ですので、
みなさんも色々体験して感覚を補ってみるのもオススメですよ♪

今日は、ブログを更新する予定ではなかったのですがー。
自分が身をもって体験した「新五感」と「感覚統合」のお話をみなさんに共有したく、思わず書いてしまいました。

次回は、インクルーシブでまだお伝えしていないこと
● 誰でも行きやすい、使いやすい場所である(accessiblity)
● 落ち着ける場所がある (opportunity for calm)

のお話ができればと思っています。 では、See you soon!!


LINE:お友達募集中

友だち追加

ブログ一覧に戻る